キッズフォトスタジオ ピーカブー - kids photo studio Peek-a-Boo! - 埼玉県坂戸市のデータ販売型キッズフォトスタジオ

子供のお祝いごとにはどのようなものがある?

赤ちゃんが誕生すると、様々なお祝い行事を行います。それぞれ家庭や地域によってやり方が異なりますが、「無事に生まれてきてくれてありがとう」「健康に育ってほしい」など、お祝いに込められた想いは同じです。赤ちゃんが産まれてから、1歳までのお祝いの行事を簡単にご紹介します。

お宮参り

お宮参り

地域の神様である氏神様にお参りし、赤ちゃんが氏神様の氏子となったので、守っていただくようにお祓いを受けに行きます。

有名な神社にお参りする方も多いですが、自分達が住む地域の神社にお参りするのが正式です。生後28~30日前後(男の子は生後32日、女の子は生後33日に行うことが多い)にお参りしますが、真夏や真冬などの季節は赤ちゃんの負担を考え、時期をずらしても問題ありません。

お食い初め

赤ちゃんが初めて大人と同じ食事をするという、成長の節目をお祝いするのが「お食い初め」。生後100日前後に行うのが一般的です。

食べることに困らないようにとの願いから、ご飯粒を一粒口に入れたり、尾頭つきの鯛を食べたりする真似をします。また、丈夫な歯が生えるように、お膳にきれいな石をのせる「歯固め」も行います。キッズフォトスタジオで100日記念の撮影を行うのも、この時期です。

初節句

初節句

女の子は生まれて初めての3月3日(桃の節句)、男の子は生まれて初めての5月5日(端午の節句)が初節句となります。どちらも子供の無病息災を願い、母方の祖父母や親族がひな人形や鯉のぼりなどを赤ちゃんに贈ります。

初節句直前に赤ちゃんが生まれた場合は、体調に配慮して翌年に行うケースもあります。

初誕生

満1歳を迎えたお祝いの行事は、地域によって様々です。西日本では、そろばんや本、筆、財布、楽器などを並べ、赤ちゃんがどれを取るかで将来を占う「物選び」を行います。他にも、一生食べ物に困らないようにとの願いを込めて、一升のお餅を赤ちゃんに背負わせる「一生餅のお祝い」などもあります。

赤ちゃんは1歳までに様々お祝い行事を行います。どれも健やかな成長を祝うものばかりですので、ぜひ両親や親戚などを招いてお祝いしましょう。

その思い出を写真に残すなら、キッズフォトスタジオのピーカブーへお越しください。ご予約は電話やLINEでも承っております。データ販売型のキッズフォトスタジオで、お宮参りや記念すべき1歳のバースデーなど、様々な撮影を行います。

キッズフォトスタジオをお探しならピーカブー

スタジオ名 kids photo studio Peek-a-Boo!
住所 〒350-0233 埼玉県坂戸市南町21−12
TEL 049-277-4500
URL http://studio-peekaboo.jp/

Infomation